目次

この記事は http://m77.hatenablog.com/entry/2015/04/12/063106 のアップデート版です.

早いもので,北陸新幹線金沢延伸から3年が過ぎました.金沢延伸に伴い金沢〜長野間のJR在来線は第三セクターに移管されたため,青春18きっぷを原則用いることができません.

中の人は金沢市民なので視点が金沢に偏っている気がします.ご容赦ください.

この記事について

  1. 18きっぷの仕様
    • 北陸新幹線沿線で18きっぷでできること,できないことについて説明します.
  2. 北陸三セク区間対策
    • 18きっぷが使えないので,対策を考えます.

18きっぷの仕様

詳細はこちら http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/

ここでは,18きっぷを北陸地区で利用するときに知ってほしいことについてまとめます.

北陸新幹線沿線の路線図を示しておきます.以下,駅名や路線名が多く出てくるため,参考にしてください. 金沢〜長野周辺の路線図

18きっぷの使える区間,使えない区間についての疑問

あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道について,ケースごとに18きっぷが使えるかどうか考えていきます.また以下のケースでは逆方向でも同じことが言えます.

まず,あいの風とやま鉄道,城端線,氷見線を中心に考察し,次にIRいしかわ鉄道,七尾線に同様に適用します.

高山本線→富山→あいの風とやま鉄道→高岡→城端線→城端駅で下車

18きっぷで乗ることができます.「富山〜高岡」間はあいの風とやま鉄道ですが,特例により通過可能です.

高山本線→富山→あいの風とやま鉄道→高岡駅で下車

18きっぷで乗ることができます.「富山〜高岡」間はあいの風とやま鉄道ですが,特例により通過可能です.

あいの風とやま鉄道区間では,高岡駅と富山駅で下車することができます.

富山→あいの風とやま鉄道・あいの風ライナー乗車→高岡駅で下車

18きっぷで乗ることができます.ただし,別途ライナー券(300円)を購入する必要があります.

高山本線→富山→あいの風とやま鉄道→呉羽駅で下車

富山駅までは18きっぷを使うことができますが,呉羽駅で途中下車することはできません.

別途「富山〜呉羽」間の運賃210円を精算する必要があります.

富山→あいの風とやま鉄道→高岡駅を通過→石動駅で下車

「富山〜高岡」間の通過は城端線・氷見線のために認められているため,18きっぷを用いることはできません.

「富山〜石動」間の運賃660円を精算する必要があります.

富山→あいの風とやま鉄道→高岡駅で改札を一旦出て,再び乗車し石動駅で下車

18きっぷを用いると,あいの風とやま鉄道区間では高岡駅と富山駅で下車することができます.

「高岡〜石動」間の運賃360円が別途必要です.

富山→あいの風とやま鉄道→IRいしかわ鉄道→津幡→七尾線→免田駅

「富山〜高岡」間の通過は城端線・氷見線のために認められているため,18きっぷを用いることはできません.七尾線は対象外です.

「富山〜津幡」間の運賃1090円を精算する必要があります.

IRいしかわ鉄道・七尾線の場合

同様にして考えることができます.

また,のと鉄道の「和倉温泉〜穴水」間も18きっぷの対象外であることに留意してください.「七尾〜和倉温泉」間はJR七尾線との重複区間なので乗車できます.

富山→北陸新幹線→金沢

18きっぷでは急行列車・特急列車・新幹線に乗ることができません.別途乗車券と新幹線特急券を購入する必要があります.

金沢→IRいしかわ鉄道→あいの風とやま鉄道→えちごトキめき鉄道→直江津

全区間精算する必要があります.


北陸三セク区間対策

以下の選択肢があります.予算,時間,目的に合わせて選んでください.

のりもの 区間 運賃 時間
新幹線(乗車券,新幹線特急券購入) 金沢〜長野 8440円 1時間27分
普通列車(乗車券購入) 金沢〜長野 4910円 5時間〜
普通列車(北陸おでかけパス 土日祝のみ) 金沢〜長野 3700円 5時間〜
普通列車(IRあいの風一日フリーきっぷ 〃) 金沢〜長野 4680円 5時間〜
普通列車(迂回) 金沢〜名古屋〜長野 18きっぷ1回分 12時間くらい
高速バス 金沢〜新潟 4710円 4時間40分
新日本海フェリー(週1便) 敦賀〜新潟 5550~7190円 12時間

新幹線

北陸新幹線を用います.

18きっぷの時期はほぼ繁忙期なので,指定席を利用する場合は通常期より200円高くなるため,下記の自由席運賃に720円を加えます.

所要時間は金沢〜長野(各駅停車・はくたか)で1時間27分前後です.

発着 富山着(高山本線) 糸魚川着(大糸線) 飯山着(飯山線) 長野着(信越本線)
金沢発(北陸本線) 2810円 4860円 6590円 8440円
富山発 - 3160円 5510円 6580円
糸魚川発 - - 3630円 4150円
飯山発 - - - 1360円

普通列車(乗車券購入)

乗車券を普通に購入し,第三セクター区間に乗ります.

この移動のときは18きっぷを使うため,「直江津〜犀潟」間のJR区間は運賃200円を引いた料金を書いています.

18きっぷを用いない際は「直江津〜犀潟」間の運賃200円を足して計算してください.それ以外のJR線を含む区間の運賃はカッコ書きしてあります.

金沢〜長野の所要時間は5時間〜7時間くらいでしょうか.

発着 富山 糸魚川 直江津 豊野 十日町 長野
金沢発(北陸本線) 1220円 2690円 3250円 4670円 4050円 4910円
富山発(高山本線) - 1520円 2080円 3360円 2880円 3600円
糸魚川発(大糸線) - - 670円 1910円 1470円 2150円
直江津発(信越) - - - 1260円 1000円 1500円
豊野発(飯山線) - - - - (1490円) 250円
十日町発(飯山線) - - - - - (1740円)250円

「金沢〜糸魚川」「金沢〜直江津」のきっぷの買い方は,以前はてなに書いた http://m77.hatenablog.com/entry/2017/03/18/004507 を見てください.

普通列車(北陸おでかけパス)

http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=118000102

移動日が土日休日の場合は北陸おでかけパスを用いることができます.

北陸新幹線沿線では,えちごトキめき鉄道直江津駅,大糸線中土駅まで行くことができます.

金沢〜直江津に通り抜けるだけでも元が取れます.

特急券を別途購入すればサンダーバードに乗ることができるため,うまく使えば18きっぷを一日節約できます. .

ただし,乗車する日の3日前までに買わないといけない,北陸と滋賀県の一部でしか売ってないという制約があります.エリア外の人は電話予約(1週間前まで) http://www.jr-odekake.net/goyoyaku/phone/tokutoku.html を使うといいです.

普通列車(IR・あいの風一日フリーきっぷ)

北陸おでかけパスを買いそびれた人のための救済きっぷ.普通にきっぷを買うよりはマシ

http://www.ishikawa-railway.jp/ticket/ticket_plan.html

乗車する日の1日前までに買わないといけない,IRいしかわ鉄道とあいの風とやま鉄道でしか売ってない

普通列車(迂回)

青春18きっぷを使える路線縛りをするために迂回します.中央本線ないし東海道本線を経由してアプローチします.1日かかります.

高速バス

無理に鉄道に乗らなくてもいい(移動することが目的)ならば高速バスも一つのアイデアです.

高速バスの便数は変動があるので参考程度に.

発着 高岡 富山 高山 新潟
金沢 720円 7往復 930円 18~20往復 3390円 4往復 4710円 2往復
富山 - - 3200円 4往復 4110円 2~4往復
経路 運賃
高山↔松本 3190円 7往復
新潟↔長野 3290円 4往復

また,金沢/富山→高山・高山→松本がセットになって1000円以上割引になった「三つ星ルートきっぷ」が5500円であります.

http://www.alpico.co.jp/access/ticket/701.html

新日本海フェリー

http://www.snf.jp/searoute/tsuruga-niigata.html

このフェリーは敦賀〜新潟を12時間で結びます.週1便.最安の船室で時期により5550円〜7190円.関西から新潟方面に抜けたい人に.

敦賀〜秋田間は20時間で7190~9150円です.

私見

18きっぷであなたが何をしたいかによって対処法は変わります.

普通列車にダラダラ乗りたいならば北陸おでかけパス(土日祝のみですが)をおすすめします.

移動したいだけなら高速バスや新幹線がお手軽です.

富山〜金沢を移動したいだけなら普通にきっぷを買うか,高速バスに乗ってください.